介護業界の抱える課題

 

FUTURE CARE CLUBは
何を解決したいのか

高齢化が進む日本において
介護産業は最重要産業の一つといっても過言ではありません。
FUTURE CARE CLUBは「業界の健全な発展」
そして「労働環境の改善」を実現するために、
下記の課題と向き合います。

業界全体として生産性・効率性が低い。

介護業界は零細企業が乱立しています。零細経営故に生産性・効率性が低く、十分な経営資源を生み出せていない企業が多数を占めています。また、キャリアプラン未設計の企業も多く現場で働く社員のモチベーションも低下しています。

  • 経営資源が不足している為、従業員に給与として十分に還元出来ていない
  • キャリアプランが未設計の為、従業員がやりがいを感じていない

そうした要因が、高離職率に繋がっています。

介護業界外へ経営資源が流出している。

また、多数の離職者を補う為に、人材会社に莫大な採用費を支払っています。介護業界は人材領域に限らず、システム・経営コンサル・M&A領域と、業界外への交渉力がまだまだ弱い状況です。

本来、既存社員や経営活動に投資すべき「介護業界内の経営資源」は、介護業界外である周辺産業へ流出し続けています。

提言・発信出来る有力な組織が存在しない。

介護業界における課題を解決する為には、各介護法人の経営努力も必須です。

ただ、介護保険制度をはじめとする様々な制度に囲まれた業界でもあるため、社会全体からの理解や行政との協力も必要です。

各介護法人が個別に声をあげるのではなく連携しFUTURE CARE CLUBとして、活動・発信していくことで介護業界の健全な発展を実現します。

解決に向けた主な活動内容

ご入会のお申し込み、ご相談は
お気軽にどうぞ。

TOP